東北大学大学院 医学系研究科 緩和医療学分野

教室案内

HOME        教室案内        医局員紹介

教室案内

医局員紹介

教授

井上 彰 (医学博士)
略歴 1995年 秋田大学卒
資格

がん薬物療法専門医、呼吸器専門医、日本内科学会認定医

主な受賞歴 日本肺癌学会篠井・河井賞、日本呼吸器学会奨励賞、日本学術振興会賞、Annals of Oncology賞
趣味・特技 鉄道、食べ歩き、マンガ
一言 皆で「より良く生きるための緩和医療」を実践しましょう

主な論文

  1. Inoue A, Saijo Y, Maemondo M, et al. Severe Acute Interstitial Pneumonia and Gefitinib. Lancet 2003; 361: 137-9.
  2. Inoue A, Suzuki T, Fukuhara T, et al. Prospective phase II study of gefitinib for chemotherapy-naïve patients with advanced non-small-cell lung cancer with epidermal growth factor receptor gene mutations. J Clin Oncol 2006; 24: 3340-6.
  3. Inoue A, Sugawara S, Yamazaki K, et al. Randomized Phase II Trial Comparing Amrubicin with Topotecan in Patients with Previously Treated Small Cell Lung Cancer: Report of North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0402. J Clin Oncol 2008; 26: 5401-6.
  4. Inoue A, Kobayashi K, Usui K, et al. First-line Gefitinib for Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Patients Harboring Epidermal Growth Factor Receptor Mutations without Indication for Chemotherapy. J Clin Oncol 2009; 27: 1394-400.
  5. Maemondo M, Inoue A, Kobayashi K, et al. Gefitinib or chemotherapy for non-small-cell lung cancer with mutated EGFR. New Engl J Med 2010; 362: 2380-8.

助教

佐竹 宣明 
略歴  
資格  
主な受賞歴  
趣味・特技  
一言  
田上 恵太 
略歴
2008年   関西医科大学卒業
2016年   順天堂大学大学院卒業(国立がんセンター研究所がん患者病態生理研究分野)
2010-2012年   東北労災病院腫瘍内科
2012-2014年   国立がん研究センター中央病院 緩和医療科
2014-2017年   国立がん研究センター東病院 緩和医療科
資格 日本緩和医療学会専門医、日本内科学会認定内科医
趣味・興味 競馬、時刻表、飲み会
一言 ともに患者さんと生き、ともに患者さんからの教えを学びましょう!

主な論文

  1. Tagami K, Kashiwase Y, Yokoyama A, Nishimura H, Miyano K, Suzuki M, et al. The atypical antipsychotic, olanzapine, potentiates ghrelin-induced receptor signaling: An in vitro study with cells expressing cloned human growth hormone secretagogue receptor. Neuropeptides. 2016;58:93-101.
  2. Tagami K, Miura T, Suzuki M, Matoba M. Analgesic Effectiveness of Systemic Lidocaine Administration for Abdominal Cancer Pain Caused by Peritoneal Carcinomatosis: A Case Series of 10 Patients. J Palliat Med. 2016;19(12):1247-8.
  3. Tagami K, Mawatari H, Abe K, Takeno N, Syuuto C, Saito O, et al. Perospirone Exhibits Antiemetic Efficacy against Opioid-Induced Nausea in Patients with Advanced Cancer. J Palliat Med. 2015;18(10):823-4.
  4. Tagami K, Tanda S, Kato H, Tashiro A, Saji K, Komaru T, et al. Detection of asymptomatic cardiac metastasis and successful salvage chemotherapy comprising a prednisone, Etoposide, procarbazine, and cyclophosphamide regimen in an elderly Japanese patient suffering from a delayed recurrence of diffuse large B-cell lymphoma. Case Rep Oncol. 2012;5(1):62-8.
  5. Tagami K, Tanda S, Satake Y, Takeuchi A, Abe Y, Namima T, et al. [Successful chemotherapy with a docetaxel regimen for primary signet-ring cell carcinoma of the urinary bladder-a case report]. Gan To Kagaku Ryoho. 2012;39(11):1737-41.
木幡 桂
 
略歴 琉球大学医学部、東北大学病院血液免疫科
資格 日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会認定血液専門医

医員

佐藤 麻美子 
 
略歴 産業医科大学医学部医学科卒
資格 産業医、日本内科学会認定内科医
趣味 読書、間食
興味 緩和医療学、呼吸器内科学、産業医学
一言 緩和医療はたくさんの人(患者様・ご家族だけでなく、医療者も)を幸せにする分野だと日々感じています。
武田 郁央
略歴
1997年   筑波大学 医学専門学群卒
1997年   国立水戸病院 外科
2001年~
2014年
  東北大学病院 移植・再建・内視鏡外科
2005年   八戸市民病院 外科
2014年   平鹿総合病院 外科
2018年   現職
資格 外科専門医
趣味 プロレス鑑賞、映画鑑賞、読書
興味 死生学、心理学
一言 患者さん、ご家族から学ぶことの多い分野です。
その方らしく生きるお手伝いをさせていただきます。

大学院生

平塚 裕介 
略歴 2014年 東北大学卒業
2014年-2016年 初期研修(竹田総合病院)
学会活動 緩和医療学会,日本サイコオンコロジー学会
趣味・特技 鳥,バイク
一言 東北の地​​から緩和医療のエビデンスを発信します。

大学院研究生

宮城 妙子(医学博士)
略歴 東北大学医学部卒業後、東北大学加齢医学研究所、宮城県立がんセンター研究所で、がん克服を目指してシアリダーゼという糖分解酵素に着目した研究を行ってきた。次にその基礎的研究成果に基づき、東北薬科大学に於いて、シアリダーゼを標的とするがんの創薬研究に着手し、現在も他の研究機関と共同研究を継続中。
一方、診療を通じて、具体的にがんの患者さんに少しでも役に立つことを願い、緩和医療科で研修中。
趣味・特技 声楽鑑賞。
一言 与えられている日々のひとときを互いに大切に生きて行きましょう。

主な論文

  1. Kawamura S, Sato I, Wada T, Yamaguchi K, Li Y, Li D, Zhao X,Ueno S, Aoki H, Tochigi T, Kuwahara M, Kitagawa T, Takahashi K, Moriya S, Miyagi T. Plasma membrane-associated sialidase (NEU3) regulates progression of prostate cancer to androgen-independent growth through modulation of androgen receptor signaling. Cell Death Differ 2012; 19: 170-9.
  2. Miyagi T, Yamaguchi K. Mammalian sialidases: physiological and pathological roles in cellular functions, Glycobiology 2012; 22: 880-96 (review)
  3. Miyagi T, Takahashi K, Hata K, Shiozaki K, Yamaguchi K. Sialidase significance for cancer progression, Glycoconjugate J 2012; 29: 567–77 (review).
  4. Takahashi K, Hosono M, Sato I, Hata K, Wada T, Yamaguchi K, Nitta K, Shima H, Miyagi T. Sialidase NEU3 contributes neoplastic potential on colon cancer cells as a key modulator of gangliosides by regulating Wnt signaling. Int J Cancer 2015; 137:1560-73.
  5. Shiozaki K, Takahashi K, Hosono M, Yamaguchi K, Hata H, Shiozaki M, Bassi R, Prinetti A, Sonnino S, Nitta K, Miyagi T. Phosphatidic acid-mediated activation and translocation to the cell surface of sialidase NEU3, promoting signaling for cell migration. FASEB J 2015; 29: 2099-111.

東北大学病院 緩和医療学分野のページ

東北大学病院 緩和医療学分野のページ

Page Top

Copyright(C) 東北大学大学院 医学系研究科 緩和医療学分野 All Rights Reserved.